カメラ

【Canon EOS 6D】今でも十分現役クラスのお手軽フルサイズカメラ

今回の『人生において最も買ってよかった「最高の一品」』は、カメラマンの長谷川 敬介さんに紹介して頂いた

Canon「デジタル一眼レフカメラ EOS6D」

です。

2012年発売にもかかわらず、今でも変わらず現役として使えるフルサイズ機。

その魅力を、本人から教えて頂きましょう。

当サイト「最高の一品」は、様々な人の

「今までの人生で買ってよかったもの」

を「1つだけ」教えて貰うサイトです。

 様々な人の「最高の一品」をお楽しみください

皆の「最高の一品」はこちら

   

Canon EOS 6Dのどこが特に好きですか?気に入っていますか?

フルサイズセンサーを搭載しつつ軽量で機動力もあるのが、Canon EOS 6Dの良いところです。

バリアングルやタッチパネルは搭載されていませんが、フルサイズ一眼レフとして必要最低限の機能がこれ1台に凝縮されています。

発売は2012年と少し古いですが、まだまだ現役として使えます。

Canon EOS 6Dが他の似た商品より優れているのはどこ?

1番は「フルサイズ機とは思えない価格の安さ」です。

Canon EOS 6Dの相場は中古で6万前後とかなりの安さ。

フルサイズセンサーの一眼レフが10万円未満で手に入るのはとても魅力的ですね。

そのため買い替えやすいこともメリットの1つでした。

デジタル一眼レフはシャッターを切れる回数に限界があり、限界を越えるとカメラ内部のミラーが壊れます。

壊れたら「修理に出す」か「買い換える」必要があるので、すぐに買い替えられる価格はカメラ購入の決め手になりました。

Canon EOS 6Dを買ってよかったことは?

撮影後の写真を、ライブビュー機能でモニターに写すことができることです。

Canon 6Dには「多重露光」の機能が搭載されおり、背面モニターに撮影後の写真をことができます。

商品撮影で「全く同じ位置に商品を配置したい」なんて時にとても便利です。

Canon EOS 6Dとの出会いを教えてください

フリーランスカメラマンとして独立する際に購入しました。

プロとして問題ないスペックのデジタル一眼で、お手頃価格だったのが決め手です。

先述したように、デジタル一眼は限界を超えると壊れてしまいます。

そのため買い替えやすい価格が決め手になり、購入しました。

Canon 6Dはどんな人におすすめしたい?

このカメラは

  • フルサイズデビューをしたい方
  • 入門機のカメラじゃ物足りなく感じてきた方
  • 一眼レフが好きな方

上記の方に是非おすすめしたいです。

スペックの良いデジタル一眼でありながら、価格もお手頃。

これから本格的にカメラをやろう!という方にピッタリな一品です。

この商品を紹介した人

名前:長谷川 敬介

自己紹介:東京でカメラマンをしています。

ブログ:長谷川敬介 -カメラマン-

Twitter:@ksk_photo_man

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA