ホーム

【GTRACINGゲーミングチェア】作業に集中できるゲーミングチェア

今回の『人生において最も買ってよかった「最高の一品」』は、ほえるんさんに紹介して頂いた

GTRACING「ゲーミングチェア」GT909-BLUE

です。

身体を痛めないオススメのゲーミングチェア!

その魅力を、本人から教えて頂きましょう。

GTRACINGゲーミングチェアのどこが特に好きですか?気に入っていますか?

私は本業で姿勢や身体、シーティングに関することを専門としている「リハビリ関係」の仕事をしています。

専門家の視点で選んだ「GTRACING」のおすすめポイントは5つ!

  • 収納場所不要のオットマンがついている
  • 座面が柔らかすぎない
  • ハイバック機能
  • アームレスト機能
  • リクライニング機能

以下から詳しく説明していきます。

むくみスッキリ!オットマン付きで疲れた体を癒せる

まず、オットマンが付いているので足のむくみがスッキリします。

加えてゲーミングチェアと言えば場所を取るイメージがありますが、写真のようにオットマンがイスに付属しているので収納場所に困る必要はありません。

また、座ったまま片手でオットマンを引き出せるのも魅力です!

柔らかすぎない座面でずっと座っていられる

クッションが柔らかい方がいいんじゃないの?

と思われる方もいると思いますが、答えは「No」です。

クッションが柔らかすぎると、座面が不安定で骨盤の上にある腰椎に負担がかかり、腰痛を生じやすくなります。

例えばソファーのイメージですね。長時間座ると腰痛になりやすくなります。

 

クッションが硬すぎてもいけません。

座面と接する座骨に負担がかかり、いわゆるお尻が痛い状態になります。

その点、この「GTRACING」の座面は柔らかすぎず硬すぎずで、とても優秀なのです。

首までしっかり支えられるハイバック機能

一般的なイスの背もたれって、肩甲骨よりも下方までですよね。

「GTRACING」は、頭よりも高い背もたれがついており、腰から頭までの上半身全身を包み込むように密着します。

接地面が多いと一か所にかかる圧の負担を全体で分散できるので、疲労を感じることがありません。

肩が凝りにくいアームレスト付き

パソコンで多く作業をしていると「肩凝り」は非常に多い悩みで強敵ですよね。

机とイスの高さや、アームレストの高さが合っていない事が肩凝りの原因となります。

そこで必要な機能は、アームレストの高さが調整できること!

 

GTRACINGのアームレストは、6段階の高さ調整ができるので様々な人の体にマッチするよう作られています。

またがっちり安定したアームレストなので、操作ミスも防げます。

集中力が回復するリクライニング機能付き

今まで紹介した4点によりかなり疲労を減らすことができますが、それでも長時間作業しているとじわじわと疲れてくるものです。

そこで活躍する機能が「リクライニング機能」

GTRACINGは165°までリクライニングができます。

これは経験談ですが、一度疲れたらリクライニングで休憩することで、集中力が回復して再び作業に没頭できるんです。

GTRACINGゲーミングチェアが他の似た商品より優れているのはどこ?

GTRACINGの類似商品は、2つあります。

  • AKRacing
  • DXRACER

GTRACINGが他2社と圧倒的に違う点は、値段です。

他社と比べおよそ半額で購入できます。

作りがちょっぴり雑だというレビューがありますが、筆者は全然気になりませんでした。

むしろ快適に作業しています。

GTRACINGゲーミングチェアを買ってよかったことは?

これはもう言うまでもないですが、ブログ作業時間&効率が圧倒的に向上しました!

以前は床に座って作業をしていましたが、集中できる時間は30分、良くて1時間程度。

しかし現在は、3時間連続しても集中して作業に没頭できています。

GTRACINGゲーミングチェアとの出会いを教えてください

ブログで本気で稼ごうと思ったことがきっかけです。

「それには集中できる環境が必要だ」と考え、イスにはこだわろうと決めていました。

しかし、妻に相談しところ予算内でとのご指示が……

そこでコスパのいいGTRACINGに決めました。

GTRACINGゲーミングチェアはどんな人におすすめしたい?

GTRACINGはブロガーなど、パソコンを使用して副業されている方におすすめ!

コスパがいいので特に家庭持ちで予算が限られている方におすすめしたい、ゲーミングチェアです。

この商品を紹介した人

名前:ほえるん

自己紹介:ブログ歴6ヵ月、子育てサラリーマンです。

ブログ:Whalen Blog

Twitter:@Whalenlen

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA